【地図つき】”長津湖” 21年世界興行2位の中国映画とは

マゼラン
マゼラン

2021年全世界の興行収入で第2位の映画、”長津湖の戦い”って、なんだろう?

2021年の興行収入2位で世界的には大成功しているのに、日本人の間で話題になっていない中国映画があります。

长津湖 (The Battle at Lake Changjin / 長津湖の戦い)

この謎の映画について、英語・中国語で調べてみました。

“長津湖の戦い”とは

映画 “长津湖 (長津湖)” は、1950年に実際にあった長津湖での戦いを元に製作されました。

2021年9月に中国で公開され、瞬く間に大ヒット。
2021年の世界興行収入で、第1位の”スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム” に次ぐ第2位の成績を収めました。
Box Office Mojo の調査で、9億ドルものヒットを記録しました。

長津湖戦役(長津湖の戦い)
1950年、現在の北朝鮮の長津湖付近であった朝鮮戦争での戦い。
中国軍と国連軍が初めて交戦して、事実上、最後は中国軍が勝利した。

映画「長津湖」の基本情報
●英語タイトル : The Battle at Lake Changjin
●中国語タイトル: 长津湖
●日本公開日 : –
●アメリカ公開日: –
●中国公開日 : 2021/09/30
●製作国 : 中国、香港
●上映時間‎ : 176分
●ジャンル : ドラマ / 歴史 / 戦争

“長津湖” ってどこ?

長津湖の場所は、北朝鮮

長津湖の場所は、現在の朝鮮民主主義共和国(北朝鮮)の中部から若干北側・中国側に近い位置です。

Google Map などの地図アプリで、” 长津湖 ” (中国語) とか、” Lake Changjin ” と入力するとわかります。

長津湖 © OpenStreetMap contributors

長津湖は、北朝鮮で2番目に大きい人口の湖。
南北に細長い形をしています。

長津湖(拡大) © OpenStreetMap contributors

映画の撮影も北朝鮮で行ったの?

ちなみに、Google Mapで、”长津湖” と検索すると、上海の南西にもピンが表示されます。
この中国側のピンは、映画のロケ地です。

さすがに、映画の撮影は、北朝鮮では行っていません。

長津湖 ロケ地 © OpenStreetMap contributors

ロケ地は浙江省 天台県 の 寒山湖。すごく辺鄙な場所です。

天台は、あの天台宗の開祖である鑑真が修行を行った社寺がある県です。

マゼラン
マゼラン

鑑真が修行をした神聖な場所の近くで、そんな物騒な映画を撮影したんですか?

天台で撮影はしましたが、鑑真が修行をした場所とは、かなり離れています。
一般人がアクセスするのは難しい何もない場所で撮影されています。

各国でのレビュー評価は?

アメリカのレビューサイトでの評価

Rotten Tomatoes での評価

批評家の点数 (Tomatometer): 25% (100%満点)
一般大衆の点数 (Audience score): -% (一般大衆の評価はなし)

批評家のコメントは、辛辣な言葉が並んでいました。
アメリカ・国連軍が負けた戦争をテーマにした映画なので、評価が悪いのは仕方ないですね。

  • 中国のプロパガンダ的な映画
  • まるでコメディ
  • ばかばかしい
  • 侮辱的

「戦闘アクションとしては面白い」というコメントも一つだけありました。

中国のレビューサイトでの評価

豆瓣电影での評価

7.4点 (10点満点)

なかなかの良い評価のように見えますが、少し注意してみる必要があります。

中国は情報規制がされている国です。
どうやら、今回の評価も操作されているという噂があるようです。

”長津湖” の映画がヒットしたことで、歴史上の事実にも注目が集まりました。

”長津湖の戦い” で中国側は勝利しましたが、中国側が勝利したことにより、北朝鮮は現在も独裁体制の社会主義国になりました。

この映画でテーマにした中国軍の勝利が、本当に北朝鮮に幸せをもたらしたのか、ということが中国内で議論されるようになってしまったのです。

低評価のコメントをみてみましたが、歴史上の批判をしているものはありませんでした。
低評価のコメントは、下記のような感じでした。

  • 主役が北京なまり
  • 映像が恐ろしい
  • 音楽がひどい(無駄に感情を鼓舞させるような音楽)
  • 長すぎる

映画自体は、内容も音楽も、中国人を鼓舞する感じの映画のようです。

主要キャストについて

主演: 呉京 (ウー・ジン)

呉京 (ウー・ジン)
映画上の役:伍千里 (七連の士兵)
北京市出身の俳優。
2008年:『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』
2015年:『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』
2017年:『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』

マゼラン
マゼラン

主演の 呉京 (ウー・ジン) は、ハムナプトラ3の刺客の役もしていたんだね

『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』シリーズは、日本でも公開されたアクション映画。

呉京 (ウー・ジン) のアクションは、定評があるので、気になる方は、『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』シリーズをチェックするのもオススメ。

順主演:易烊千璽(イー・ヤンチェンシー)

易烊千璽(イー・ヤンチェンシー)
映画上の役: 七連の士兵 (伍万里)
アイドルグループTFBOYSのメンバー

日本公開はされるか?

個人的には、日本で劇場公開される可能性は低いと思います。
理由は、以下の3つです。

  • 2022年現在、日本と北朝鮮の関係があまりよくない。
  • 日本で公開されなかった中国映画は多い。
  • 日本で公開してヒットする可能性が低い。

理由①:2022年現在、日本と北朝鮮の関係があまりよくない。

まず、映画の内容が問題です。

日本との戦争がテーマではありませんが、北朝鮮が舞台の映画です。

最近のミサイル問題など、悪いニュースばかりの北朝鮮に関する映画の公開は、慎重にならざるを得ない気がします。

理由②:日本で公開されなかった中国映画は多い。

昨今のアジアブームで徐々に中国映画に関心を持つ日本人も増えてはいるようです。

でも、往年から人気のあるハリウッド映画の人気には、まだまだ及びません。

ちょっと調べただけでも日本未公開の中国映画は、大量に出てきました。

理由③:日本で公開してヒットする可能性は低い。

そもそも、日本で劇場公開する場合、採算がとれる必要があります。

映画 ”長津湖” が、日本でヒットするのは非常に難しいと思います。

まず、”長津湖の戦い” が、日本人にはあまり知られていません。
失礼ながら、自分も、今回調べるまで知りませんでした。

また、理由①にも通じますが、中国が国連軍に勝利する映画をみたい日本人は、あまり多くないような気がします。

調査した感想

気になって色々調べてみましたが、自分自身、特に見たいとは思いませんでした。

特別、中国を愛している中国人以外、鑑賞する必要性を感じませんでした。

しかし、なんと、中国本土では、2022年2月の春節に続編「長津湖之水門橋」も公開されることが決定しました。

このような映画が世界興行成績第2位を取るくらいヒットするあたり、
中国人の国民性、日本人とは違う愛国精神のようなものを感じました。

タイトルとURLをコピーしました