中国語の疑問詞で「なんでも、だれでも、どこでも」を表現

中国語の疑問詞を使う用法には様々なものがあります。
今回は、任意のもの全てを指し示す用法 についてまとめました。

中国語で任意のもの全てを指し示す用法

中国語で「なんでも、だれでも、どこでも…」と任意のものすべてを指し示す言い方は、疑問詞を使って表現できます。

英語でも「〇〇でも」と表現する方法に、疑問詞を “〇〇ever” と使う表現がありました。
たとえば「なんでも」= “whatever”、「だれでも」= “whoever”、「どこでも」 = “wherever” などです。

英語も中国語も疑問詞を使うことで「〇〇でも」と表現する方法があるのは、少しだけ似ている気もしますね。

中国語で、疑問詞を使って「なんでも、だれでも、どこでも…」を表現する方法は、2パターンあります。
「疑問詞 + 都/也 〜(動詞・形容詞)」の形式で表現する方法と、疑問詞を呼応させて表現する方法です。

・「疑問詞 + 都/也 〜(動詞・形容詞)」の形式
・疑問詞を呼応させる用法

順に例文をみながら説明していきます。

「疑問詞 + 都/也 〜」で任意のもの全てを指し示す用法

「疑問詞 + 都/也 〜(動詞・形容詞)」の形式で、「〇〇でも(なんでも、誰でも、いつでも、どこでも…)」という意味を表せます。

たとえば、「なんでも」と任意のもの全てを指し示す場合は、「什么 + 都/也 〜」という形式で表現できます。

同様に、疑問詞に、「哪里(どこ)」、「谁(だれ)」などを使うことで、
「哪里 + 都/也 〜」(どこでも)、「谁 + 都/也」(だれでも)という文章を作ることができます。

什么 + 都/也 〜なんでも
哪里 + 都/也 〜どこでも
谁 + 都/也 〜だれでも
什么时候 + 都/也 〜いつでも
几点 + 都/也 〜何時でも
怎么 + 都/也 〜どう~ても
怎么样 + 都/也 〜どのようにしても
任意のもの全てを指し示す用法の例

“都/也” の元々の意味は、都(すべて)、也(-もまた)です。
一般的にこの用法では、肯定文のときは “都” を使い、否定文のときは “都”,”也” のどちらも使います。

·肯定文では “都” を一般的に使う
·否定文では “都”,”也” のどちらも使う

肯定文、否定文それぞれで例文をみてみましょう。

肯定文「疑問詞 + 都/也 〜」で任意のもの全てを指し示す用法

まず、肯定文での例文をみてみましょう。
肯定文では “都” を一般的に使います。

[什么 + 都/也 〜 :なんでも] を使った例文
什么都可以吃。
私はなんでも食べることができる。

今天晚上吃什么都行。
今晩食べるものはなんでも大丈夫です。

[哪里 + 都/也 〜 :どこでも] を使った例文
这种饮料哪里都有卖的。
この種類の飲み物はどこでも売っている。

[谁 + 都/也 〜 :だれでも] を使った例文
谁都有优点。
だれでも長所がある。

他对谁都温柔。
彼は誰にでも優しい。

[什么时候 + 都/也 〜 :いつでも] を使った例文
什么时候都可以。
いつでもいいです。

[几点 + 都/也 〜 :何時でも] を使った例文
几点都行。
何時でも良いです。

[怎么 + 都/也 〜 :どうでも] を使った例文
那个怎么觉得奇怪。
それはどう考えてもおかしい。 

[怎么样 + 都/也 〜 :どのようにしても] を使った例文
怎么样都想见你。
どうしてもあなたに会いたい。 

否定文「疑問詞 + 都/也 〜」で任意のもの全てを指し示す用法

次に、「疑問詞 + 都/也 〜」の否定文で、任意のもの全てを否定する用法の例文をみてみましょう。
否定は都也どちらも使います。

[什么 + 都/也 〜(否定文) :なにも~ない] を使った例文
什么都不知道。
什么也不知道。
僕はなにも知らない。

[哪里 + 都/也 〜(否定文) :どこにも~ない] を使った例文
哪里都不想去。
哪里也不想去。
私はどこにも行きたくない。

[谁 + 都/也 〜(否定文) :だれも~ない] を使った例文
我和家人谁都没去过北京。
我和家人谁也没去过北京。
私と家族はだれも北京に行ったことがない。

[什么时候 + 都/也 〜 :いつも~ない] を使った例文
你无论什么时候回复没有关系。
你无论什么时候回复没有关系。
あなたの返事はいつになって問題ないです。(いつでも構いません)

[怎么 + 都/也 〜 :どうしても~ない] を使った例文
怎么都想不到。
怎么也想不到。
どうしても思いつかない。

“疑問詞” と “都/也” の間に名詞、動詞を入れるパターン

「疑問詞 + 都/也 〜(動詞・形容詞)」の形式ですが、
「疑問詞」と「都/也」は必ずくっついているわけではありません。
「疑問詞 + 〇〇 + 都/也 〜(動詞・形容詞)」の形式で表現する場合もあります。

例文でみてみましょう。

[名詞(目的語)] が「疑問詞」と「都/也」の間に入るパターン

哪里的工作会减少吗?
どこの仕事も減っていますか?

※下の2つの例文では、”水果” の位置が変わっても、同じ意味を表します。
水果他什么都爱吃。
什么水果爱吃。
彼は果物ならなんでも食べるのが好きです。

※下の例文では主語が「疑問詞」と「都/也」の間に入っています。
只要是你想去的地方哪里一起去。
あなたが行きたい所どこへでも一緒に行きます。

[動詞] が「疑問詞」と「都/也」の間に入るパターン
疑問詞が “怎么” の場合は、”疑問詞” と “都/也” の間に「動詞」がくる場合が多いです。

这种菜怎么可以吃。
この材料はどのような調理法でも食べれる。

怎么不会。
どんなに勉強しても分かりません。

日本哪里好像很热。
日本はどこも暑いようだ。

疑問詞を呼応させることで任意のもの全てを指し示す用法

中国語では、疑問詞 を複数回呼応させて使うことでも、「〇〇でも(なんでも、誰でも、いつでも、どこでも…)」という意味を表せます。

例文をみてみましょう。

「什么(なに)」を呼応させて「なんでも」を表現する例文
你要什么,我就给你买什么
あなたが欲しいものを、なんでも買ってあげます。

「哪里(どこ)」を呼応させて「どこでも」を表現する例文
哪里有困难,就到哪里去。
(どこに困難があれば,そこへ行く→)困難のあるところであれば,どこへでも行く.

「谁(だれ)」を呼応させて「だれでも」を表現する例文
说得对,我就听的。
の意見でも正しければそれに従う.

「什么时候(いつ)」を呼応させて「いつでも」を表現する例文
你可以想什么时候来就什么时候来,想什么时候走就什么时候走。
あなたは好きなときに来て、好きなときに帰って良い。(いつでも来て、いつでも帰って)

「怎么(どのように)を呼応させて「どのようにでも」
你想怎么做就怎么做。
君のしたいようにしなさい。(どのようにでも思うようにしなさい)

タイトルとURLをコピーしました