語学

中国語の疑問詞:5W1H + よく使う疑問詞

中国語の疑問詞:5W1H ①What/なに/什么 ②Who/だれ/谁 ③When/いつ/什么时候 ④Where/どこ/哪里 ⑤Why/なぜ/为什么 ⑥How/どのように(方法をたずねる)/怎么 ⑥How/どう(状態をたずねる)/怎么样 その他よく使う疑問詞もまとめました。
語学

中国語の疑問文の作り方とポイント

中国語の疑問文の作り方は大きく3つです。 ・確認のパターン(単純疑問文):「~ですか?」 ・選択のパターン:「AまたはB、どちらですか?」 ・疑問詞を使うパターン
語学

【中国語】”了”は過去/現在/未来 どの場合でも使える

中国語の問題児 "了" の使い方をまとめました。 中国語の"了"は頻出語ですが、意味の理解はとても難しいです。 英語の【過去表現】に似ていると思っている方もいるかもしれませんが、実際には、過去形/現在形/未来形それぞれの場合で使う場合があります。中国語と英語で"了"の例文を比較してみると時制の理解が深まります。
映画・ドラマ

中国ドラマ『瓔珞<エイラク>』『如懿伝』の時代背景:清朝とは?

中国の時代劇ドラマ『如懿伝』や『瓔珞<エイラク>』の舞台である清朝の時代背景についてまとめました。 清朝が成立後、ドラマの時代になるまで、そしてドラマの登場人物の乾隆帝や如懿伝や瓔珞のモデルになった人物についてまとめました。
語学

中国語の進行形は、”在”を使う方法だけではない!

中国語の進行形を表現するアスペクト助詞、"在"、"着"の使い方をまとめました。 "在"は、動作の進行している状態を表し、"着"は、動作・状態の継続してある状態を表現します。 中国語の進行形は時制(現在/過去/未来)に関係なく、否定形や疑問形は基本通りです。 例外もいくつかあります。それぞれ例文をみて考えてみます。
語学

中国語の前置詞(介詞):英語と用法が似ている点・違う点

中国語の前置詞(介詞)は、目的語の前、かつ動詞の前に置かれます。 代表的な品詞と例文を紹介しながら、否定語や助詞の位置までを解説しました。
映画・ドラマ

【永遠の桃花】世界観、時代背景は?中国古代神話との関係は?

中国ドラマ「桃花シリーズ」 中国古代神話をベースにしていますが、日本ではまだまだマイナーな神話です。 ドラマに登場する設定のいくつかは、中国古代神話に登場するものもあります。 中国古代神話や時代背景や「桃花シリーズ」のドラマとの関係などを考察してみました。
語学

英語と中国語の助動詞(能願動詞)の使い方を比較してみた

中国語の代表的な助動詞(能願動詞)を紹介。 ・want [したい] :愿意/希望/想要/想/要 ・can [できる] :会/能/可以 ・must [しなければならない] :应该/该/必须/要 中国語と英語の使い方の違いも解説。
語学

中国語の数字:”二”と”两”の違いを図表で解説

基本的な使い分けは、 二:序数(順番を表す場合) 两:基数(数量を表す場合) ですが、例外も多いです。 "二" と "两" の具体的な使い分けをまとめました。
映画・ドラマ

映画【グレートウォール】怪物“饕餮”とは?読み方は?

映画「グレートウォール」に登場する怪物 "饕餮" について 饕餮(日本語:とうてつ)(中国語:taotie / タオティエ) 中国神話に登場する四凶の一人。 饕餮に関する記述内容は、中国の歴史の中で変化しました。
タイトルとURLをコピーしました